CSSフレームワークのブラウザ対応状況が一目で分かる CSS Front-end Frameworks

cap

CSS Front-end Frameworksは有用なCSSフレームワークをコレクションしているサイトです。
ブラウザ対応状況、レスポンシブ対応の可否などが一目で分かるので、CSSフレームワークを検討する際に重宝します。

例えば、有名なBootstrapはIE8以上、ChromeやFirefoxは最新版に対応しています。対応デバイスやライセンスの種類、CSS拡張メタ言語のLESSやSass(SCSS)に対応しているかどうかも分かります。

スクリーンショット-2015-03-15-22_57_51

他にも、Semantic UI、Bootstarp、Foundation、UIkit、960 Grid System、Skelton、99lime HTML KickStart、Kubeなど有名CSSフレームワークのブラウザ対応状況、レスポンシブ対応の可否が分かります。

コメント

  1. プリスキン より:

    参考になる情報ありがとうございます。ちょうど比較を探していたので助かりました。LESSのところはCSS拡張メタ言語のLESSかSass(SCSS)どちらを採用しているかという事かと思います。

    • Web制作ツールナビ より:

      ありがとうございます!
      記事を修正しました。

  2. ivywe より:

    このサイトはわかりやすく比較されていますが、最新情報を反映しているのでしょうか。
    http://getuikit.com/docs/documentation_less-sass.html
    UIkitはLess Sass両方対応しているとおもいます。

    • Web制作ツールナビ より:

      ご指摘のとおり、情報が更新されていないみたいですね。
      UIkitも2014年の年末にはSassへの対応が始まっていたと思います。